口腔外科専門医と補綴医の共同で治療を行っている、福岡市博多の「いりえ歯科口腔外科クリニックの審美治療の紹介です。

  • 福岡市博多区のいりえ歯科口腔外科クリニックが監修する「インプラント治療ガイド」 トップ
  • 選ばれる理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 福岡市博多区のいりえ歯科口腔外科クリニックへの無料相談はこちら
  • WEB予約 appointment

~美しい物は機能的です~審美治療について

  • お電話はこちら

  • メールはこちら

機能+審美=機能美という考え方

[画像]義歯

当院ではインプラント治療とともに、審美歯科治療をお勧めしております。審美歯科とは機能だけでなく、見た目も考慮した治療を行う診療メニューのことです。身近な治療としては、虫歯治療で詰めた銀の詰め物(いわゆる、銀歯)を白いセラミックの詰め物に交換するといったものがあります。

インプラントで使う人工歯にもセラミックを採用していますが、同様に虫歯治療などでも当院ではセラミックを採用しています。以下で、素材の特徴をお伝えします。

当院で扱う人工歯に用いる素材の特徴

保険診療では歯科用プラスチックしか選べませんが、当院では自費診療の扱いになるセラミックやハイブリッドなどの素材もご提案しています。

◎セラミック(インレー・クラウン)
  • ・透明感を持つ素材で、自然な白さを演出できます。
  • ・汚れが付きにくい素材なので、ブラッシングで汚れを除去しやすくなっています。
  • ・ただ、健康な歯と比べて硬すぎるため、咬み合わせる歯を傷つけてしまうことがあります。
◎ハイブリッドレジン(インレー・クラウン)
  • ・健康な歯より削れやすくなっていますが、修理がしやすいという特徴があります。
  • ・セラミックに比べると、汚れが付きやすいのでケアには注意が必要です

当院で扱う義歯について(総義歯、部分義歯)

[画像]義歯

当院では専門である口腔外科の技術を活かし、精度のインプラント治療をご提案していますが、第二の選択肢として入れ歯(義歯)をお勧めする場合もあります。患者さんの口腔内の状態や予算によって総合的に提案しています。インプラントと同様に、精度の高い治療をお約束します。
※バネのない入れ歯は実績が乏しいため、実績が多くあるバネを使った入れ歯をお勧めしています。見た目だけでなく機能を考慮した判断ですのでどうぞご了承ください

当院で扱うホワイトニングについて

[画像]ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の表面に専用のジェルを塗り漂白する処置です。なお、当院では、医院での処置(オフィスホワイトニング)と自宅での処置(ホームホワイトニング)を併用した、デュアルホワイトニングをお勧めしています。
※オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをそれぞれ単体でも行っています


PICK UP 複数の治療を組み合わせる場合もあります

当院では、ひとつの治療にこだわらず、患者様のご要望やご予算、症状を考慮して、複数の治療法を組み合わせた治療をご提案することがあります。

◎総義歯+インプラント

義歯だけでは固定力が得られにくい場合に、インプラントを固定源として採用して安定感を出すことがあります。すべての歯をインプラントに交換する場合と比べて費用を抑えられる。

◎セラミック+ホワトニング

全体的に歯を白くしたい場合にご提案します。セラミックの被せ物を入れるときに、周りの健康な歯の色を白くしたいといった患者様にお勧めしています。

ページトップ