福岡市の博多でインプラント治療を手掛ける口腔外科専門医が院長の「いりえ歯科口腔外科クリニック」の院長インタビューです。

  • 福岡市博多区のいりえ歯科口腔外科クリニックが監修する「インプラント治療ガイド」 トップ
  • 選ばれる理由
  • 院長紹介
  • 医院案内
  • 福岡市博多区のいりえ歯科口腔外科クリニックへの無料相談はこちら
  • WEB予約 appointment

インプラントのプロ!入江院長へインタビュー

  • お電話はこちら

  • メールはこちら

インプラントをお考えのあなたへ

福岡市の「いりえ歯科口腔外科クリニック」では、
口腔外科専門医でインプラント専門医でもある入江院長が、
患者様ひとりひとりの状態をしっかりと把握した上でインプラント治療をしております。
専門医が行うインプラント治療とは、そしてその思いとは…

----歯科医、そして口腔外科医を目指したきっかけ

院長 入江 彰彦

小さい頃から虫歯があり、毎年歯医者に通っていました。
当時はブラッシングの善し悪しもわからず、特別指導を受けたこともなく、決して十分にケアできていたとは言えなかったのです。
歯医者通いは高校生になっても続いており、なんとなく歯医者という存在が身近なものだったのです。

高校の頃は化学が得意だったので、
長崎大学歯学部に入学してから生化学の研究を目指していました。
しかし授業を受けるうちに歯科のさまざまな分野を知ったこと、
口腔外科の臨床実習で口腔がんの患者さんを担当したことで口腔外科医を志すようになりました。
血液検査、心電図検査、細菌検査、さまざまながん治療の方針……
医局のカンファレンスでのディスカッションにも触れました。
6年生のとき、指導医であった関根先生(現在は島根大学医学部歯科口腔外科教授)に入局を強く勧められ、口腔外科医となったのです。

----口腔外科医とインプラント治療

院内の様子
日本口腔外科学会専門医 転用禁止
日本口腔インプラント学会専門医

歯科も医科と同じように、たくさんの専門分野があります。
日本は一人の歯科医師がすべてを行う傾向にありますが、そこには無理を感じていました。
欧米のように患者様が歯科治療の専門分野を治療できればと思い、歯科口腔外科クリニックを開業しました。
親知らずの抜歯などの口腔外科治療は大学病院などを紹介されることが多いのですが、
ハードルの高さを感じさせてしまうことも多いため、街のクリニックとしての役割を担おうと思ったのです。

口腔外科医として確かなインプラント治療を
[画像]口腔外科医として確かなインプラント治療を
当院が力を入れているインプラント治療は、
「術前診断+補綴+外科+メンテナンス」と複数の診療分野にまたがっています。
ですから、一人ではなく各専門分野の医師と衛生士がチームを組むことが適切であると考えています。
外科手術はひとつ間違えれば患者様を直接傷つけることになり、医療事故にもつながりかねません。
十分な外科トレーニングを積んだ歯科口腔外科医として、確かな治療を提供できればと考えています。

■他院への出張オペ実績■

福岡県3件、佐賀県3件、長崎県6件、大阪府1件、東京都4件、神奈川県1件、千葉県2件

----患者様へのメッセージ

口腔外科だけでなく、歯科全体が「痛い・怖い・行きたくない」というイメージを抱かれがちです。
当院では受診後に「ここにきてよかった」と笑顔で帰っていただけるような医院作りを目指しています。

1.治療前に患者様の話をよく聞くこと

2.わかりやすく説明してご理解いただくこと

3.清掃・器具滅菌に重点を置き、院内感染対策を行うこと

4.患者様を怒らないこと

5.お忙しい方でもお待たせしないように予約の取り方に配慮すること

6.定期的なミーティングや勉強会、食事会などでスタッフ間のコミュニケーションを充実させること

などなど、さまざまな取り組みを通して、患者様に笑顔になっていただける医院を目指しています。

院長 入江 彰彦_02

インプラント治療は危険性もあり難しい治療ですが、
十分な審査診断とチームアプローチをすることで難しい治療ではなくなります。
そのための設備や体制は十分に整えていますので、歯があることのよろこびをもう一度体感したい、
しっかり噛んで健康的な毎日を過ごしたいという方はぜひご相談ください。

インプラントが入ると見た目も若返りますし、噛むことで脳の働きも高まって認知症の予防になり、
胃腸の働きの改善、食事の楽しさ、残りの歯の寿命を長くできるなど、さまざまな利点がありますよ!

ページトップ